藤 原 望    

Nozomi Fujiwara

 

 

 

福岡県出身。3歳よりヴァイオリンをはじめる。

11歳でポーランド・クラクフ交響楽団とモーツァルトの協奏曲第4番を共演など、国内外のオーケストラと共演。

日本クラシック音楽コンクール中学校の部全国大会第2位、弥生の里音楽コンクールグランプリのほか、全日本学生音楽コンクール、宮日音楽コンクールなど幼少より様々なコンクールで優勝、入賞を重ねる。

敬愛高校卒。

西南学院大学国際文化学部卒。

桐朋学園大学院大学修士課程ヴァイオリン専攻修了。

アムステルダム国立音楽院大学院に留学。

  

アドリアン・コックス氏(ウィーン国立音楽院教授)の推薦・伴奏で、ソリストとしてウィーン、ベーゼンドルファーザールにてリサイタルデビュー。

 

 

アクロス福岡シンフォニーホールにて橘フィルハーモニーとチャイコフスキー、ブラームスのバイオリン協奏曲を共演。

NHK「ゆく年くる年」、RKB毎日放送局60周年記念イベントに出演。フランス、パブロ・カザルス国際音楽祭演奏会出演。日本財団ランチタイムコンサート出演。

ハイチ地震チャリティーコンサート、東日本大震災復興支援チャリティーコンサートを主催。桐朋学園大学院でソリストに抜擢され円光寺雅彦指揮/桐朋アカデミー・オーケストラとブルッフのバイオリン協奏曲を共演。


これまでにヴァイオリンを三木妙子、藤原浜雄、アナスタシア・チェボタリョーワ、ヨハネス・レーアタワー、リヴィウ・プルナール各氏に師事。室内楽を上田晴子、藤原浜雄、原田幸一郎、岩崎洸、堤剛、銅銀久弥、新実徳英各氏に師事。アムステルダム国立音楽院入学と同時に、アムステルダムコンセルヴァトワールオーケストラ第2ヴァイオリン首席奏者に抜擢され、クラシック、ジャズすべての演目で首席を務め、オランダ各地(アムステルダム、ロッテルダム、ライデン等)で演奏ツアーを行う。

ロイヤルコンセルトヘボウのコンサートマスターのリヴィウ氏もとで研鑽を積み、オランダ政府主催解放記念祭、デルフト市主催野外コンサートなどにゲスト・ソロ出演。

2015年帰国後、福岡・橘フィルハーモニーのトレーナーおよびコンサートミストレスに就任。埼玉・和光市民フィルハーモニー弦楽器総合トレーナーを務める。また、オランダ、ユトレヒトニューフィルハーモニー管弦楽団臨時客演団員として登録されている。コロンビア大使館主催コンサートに出演の際にはコロンビア音楽やピアソラを熱演。ジャズシンガーのハーヴィー・トンプソン氏と日本外国特派員協会にて共演を重ねるなど、幅広いジャンルで活躍している。

 

東京にてソロリサイタル・シリーズを開始。第1回目はピアニストの江沢茂敏氏とブラームスのソナタを中心としたプログラムで開催。チケットは即完売、定員超過となり会場変更を行った2016年、西南学院100周年記念コンサートにてマーラーの交響曲『復活』のソロコンサートマスターを務める。

中国・上海理工大学記念式典にゲスト・ソロ出演。ソロリサイタルのほか、デュオ、トリオコンサートを定期的に行うなど、室内楽奏者としても幅広く活動している。日本クラシック音楽コンクール東京大会および名古屋大会の審査員を務めるなど、後進の指導にもあたっている。

現在、東京、福岡、名古屋、オランダで演奏活動を行っている。スカイプでの動画サポートレッスンも好評を博し、全国に生徒を持つ。